選日法


六曜

大安、仏滅と言えば誰でも聞いたことがあるでしょう。
最も有名な暦注。
大安 たいあん 大いに安し。万事に進んでよく、特に婚礼に吉。
赤口 しゃっこう 正午のみは吉、朝夕は凶。祝い事は特に忌む。
先勝 せんしょう 午前中は吉、午後は凶。万事急ぐのが良い日。
友引 ともびき 友を引く吉日。夕方は特に良いが葬儀は忌む。
先負 せんぷ 午後からは吉日。万事急がず待つ事に吉。
仏滅 ぶつめつ 何事も忌む凶日。開店は特に凶。この日に病めば長引く。
戻る

十二直
別名「中段」
たつ 建てるに良い日ゆえ万事始めるに良し。但し土を動かす、乗船、倉開きは凶。
のぞく 凶事を除くゆえ煤払いや廃棄、治療、祭祀に良い。ただし婚礼、外出には凶。
みつ 天帝の倉に宝が満ちるゆえ、建築、婚礼、万事に吉。但し土を動かし服薬に凶。
たいら 天帝が調停する日ゆえ万事に良し。中でも婚礼相談事に吉。但し種まきに凶。
さだん 何事も定めるのに良く、婚礼、建築、雇用、買物、祈祷に吉。訴訟、出向には凶。
とる 執り行うに良い日ゆえ建築、穴掘り、種まき、婚礼に吉。金銭の貸借は凶。
やぶる 打ち破ることに良いゆえ、出陣、狩猟、服薬、訴訟に吉。祝い事や契約は凶。
あやぶ 危うき日ゆえ何事も控えるべき。とくに高所に登ったり、旅行、乗船は凶。
なる 何事も成就する日ゆえ、建築、婚礼、入学、金談すべて良し。但し訴訟は凶
おさん 何事も収めるのに良い日ゆえ入学、婚礼、建築、買物に吉。葬儀、出向は凶。
ひらく 天帝の使者が難を開く日ゆえ学業、建築、婚礼、開店に吉。葬儀、不浄は凶
とづ 閉じ込める日ゆえ壁や墓を作る、金銭を納めるのに吉。それ以外普通は凶。
戻る

二十八宿

かく 着初め、裁縫、建築、結婚、酒造、旅行に吉。葬式は凶。
こう 結納、婚礼、裁縫、買物、種まきなどは吉。建築造作には凶。
てい 婚礼、移転、開店、種まきなどは吉。着初め、裁縫、造作は凶。
ぼう 髪切り、造作、裁縫、婚礼、旅行、移転、開店、祭祀に吉。
しん 祭祀、仏事、移転、旅行に吉。造作、結婚に凶。盗難に注意。
婚礼、移転、移転、開店、薬のみ始めに吉。着初め、裁縫に凶。
酒や醤油作り始め、動土、仕入れ集金に吉。結婚、葬式は凶。
土を動かす、裁縫、造作、開店に吉。他は積極的に用いず。
ぎゅう 鬼宿に次ぐ吉日。万事に用い大吉祥を得る。午の刻のみ注意。
じょ 髪すくなど以外はすべて大凶。特に結婚、訴訟、葬式を忌む。
きょ 着初め、学問始めに吉。造作、相談事などに用いると災いを招く。
壁塗り、出向、酒造りに吉。裁縫や高所に上る作業は凶。
しつ 祈願始め、結婚、祝い事、服薬、髪切り、乗船、造作などに吉。
へき 着初め、造作、開店などの新規事に吉。特に婚礼は子孫繁栄。
けい 園芸、文芸、裁縫、旅行、開店、井戸掘りなど万事に用いて吉。
ろう 婚礼、裁縫、造作に大吉。他に着初め、契約、移転、動土にも吉。
就職、開店、移転、建築に吉。衣類の裁縫などは大凶。
ぼう 神事、仏事、祈願、祝い事、開店、造作など大工仕事始めに吉。
ひつ 祭礼、祈願、土を動かす、土地取引や開発開拓の開始に吉。
入学、稽古始に吉。造作、衣類の着始め、特に婚礼には凶。
しん 旅行、取引の開始、納品仕入れ、縁談、祝い事、造作に吉。
せい 神仏祈願。種まき、動土、建築に吉。衣類の裁縫は大凶。
二十八宿中一番の良日で全てに大吉。鬼宿日の呼び名あり。※
りゅう 建築、造作、開店、裁縫に凶。特に葬式は不幸が重なる。
せい 馬乗り始め、入院はじめに吉。結婚、祝い事、葬儀には凶。
ちょう 店開き、出向、就職、見合い、婚礼、祝い事や祈願に吉。
よく 種まき、広告、出向に吉。高所での作業や入学、婚礼には凶。
しん 上棟、落成式、祈願、婚礼、祝い事、葬式に吉。衣類の裁縫は凶。
戻る

※二十七宿の鬼
大悪日。何事も事故多く、特に戸外での作業などを避けるべき。
戻る

下段

神よし かみよし 日干支:
甲午・甲申・
乙丑・乙卯・乙巳・乙酉・
丙午・丙申・
丁丑・丁卯・丁未・丁酉・
戊子・戊午・戊申・
己卯・己巳・己亥・己未・己酉・
庚子・庚午・庚申・
辛丑・辛酉・辛亥・
壬子・壬午・壬申・
癸酉・辛卯・癸卯・癸亥
天おん てんおん 甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・己卯・己酉・庚辰・庚戌・辛巳・辛亥・壬子・壬午・癸丑・癸未
大みゃう だいみょう 日干支:
甲辰・甲申・
乙巳・乙未・
丙辰・丙午・
丁丑・丁未・丁亥・
戊午・
己卯・己巳・己未・己酉・
庚午・庚戌・
辛未・辛亥・
壬寅・壬辰・壬午・壬申・
癸酉
月とく つきとく 節切:
1月・5月・9月=丙
2月・6月・10月=甲
3月・7月・11月=壬
4月・8月・12月=庚
母倉 ぼそう 節切:
1月・2月=子と亥
4月・5月=寅と卯
7月・8月=丑と辰と未と戌
10月・11月=申と酉
3月・6月・9月・12月=巳と午
よろずよし 季節:立春以降の戊寅、立夏以降の甲午、立秋以降の戊申、立冬以降の甲子
復日 ぶくび 節切:1月・7月=甲と庚、2月・8月=乙と辛、3月・6月・9月・12月=戊と己、4月・10月=丙と壬、5月・11月=丁と癸
重日 じゅうび 陽が重なる巳の日、陰が重なる亥の日
血忌 ちいみ 節切:1月=丑、2月=未、3月=寅、4月=申、5月=卯、6月=酉、
7月=辰、8月=戌、9月=巳、10月=亥、11月=午、12月=子
往亡 わうまう 節入日を入れ数え日数:1月=7日目、2月=14日目、3月=21日目、4月=8日目、5月=16日目、6月=24日目、7月=9日目、8月=18日目、9月=27日目、10月=10日目、11月=20日目、12月=30日目
帰忌日 きこ 節切:1月・4月・7月・10月=丑、2月・5月・8月・11月=寅、3月・6月・9月・12月=子
歳下食 さいげじき 年十二支別:子年=丁丑、丑年=庚寅、寅年=丁卯、卯年=壬辰、辰年=丁巳、巳年=丙午、午年=丁未、未年=庚申、申年=丁酉、酉年=丙戌、戌年=辛亥、亥年=庚子
天火 てんか 節切:1月・5月・9月=子、2月・6月・10月=卯、3月・7月・11月=午、4月・8月・12月=酉
地火 ちか 節切:1月=巳、2月=午、3月=未、4月=申、5月=酉、6月=戌、
7月=亥、8月=子、9月=丑、10月=寅、11月=卯、12月=辰
五む日 ごむにち 納音の性:木性=乙丑、火性=丙戌、土性=戊辰、金性=辛未、水性=壬辰
くゑ日 くえにち 月切(旧暦):
1月=辛卯・甲寅
2月=己卯・乙卯・辛酉
3月=甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・壬申・戊申・庚辰・甲申・甲辰・丙申・甲辰・庚申
4月=戊辰・辛未・癸未・乙未・己亥・丙午・丁未・戊午・己未・癸亥
5月=丙午・戊午
6月=己巳・丙午・丁未・丁巳・己未
7月=乙酉・甲辰・庚申
8月=己酉・乙卯・辛酉
9月=甲戌・辛卯・壬辰・癸巳・甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・庚戌・甲寅
10月=乙丑・己巳・丁丑・戊子・己丑・戊戌・己亥・辛丑・壬子・癸丑・丁巳・癸亥
11月=戊子・丙午・壬子
12月=戊子・丁未・壬子・癸亥
滅門
狼藉
大過
めつもん
ろうぜき
たいか

節切:

生まれ年 忌月 大禍日 狼藉日 滅門日
子年 1月
丑年 2月
寅年 3月
卯年 4月
辰年 5月
巳年 6月
午年 7月
未年 8月
申年 9月
酉年 10月
戌年 11月
亥年 12月
十死日 十し 節切:1月=酉、2月=巳、3月=丑、4月=酉、5月=巳、6月=丑、
7月=酉、8月=巳、9月=丑、10月=酉、11月=巳、12月=丑
くろにち 節切り:1月=戌、2月=辰、3月=亥、4月=巳、5月=子、6月=午、
7月=丑、8月=未、9月=寅、10月=申、11月=卯、12月=酉
戻る

中段

八専 はっせん 日干支が壬子(甲子から49番目)から癸亥までの12日間。
但し間日に当たる癸丑、丙辰、戊午、壬戌は差し支えなし。
十方ぐれ じゅっぽうくれ 日干支が甲申(甲子から21番目)から癸巳の10日間。間日は無し。
天一天上 てんいちてんじょう 天一神とは巡る方角を犯すと祟りのある方位神。この期間中は天一神が天上にあり悪さをしない。代わりに日遊神が人家に降りるが、この神は不浄を嫌うとされる。
天一神 てんいちしん 天一神(中神)とはその巡る方角を犯すと祟りのある荒神。44日間を地上の各方位で過ごし16日間を天上で過ごす。平安時代の「方違え」は主にこの天一神の居る方位を避けるためのもの。
大つち おおつち 日干支が庚午(甲子から7番目)から丙子までの7日間。但し間日に当たる丁丑日は差し支えなし。
小つち こつち 日干支が戊寅(甲子から15番目)から甲申までの7日間。但し間日に当たる丁丑日は差し支えなし。
三伏日 さんぷくにち 夏至以後の3回目と4回目の庚、立秋以後の1回目の庚
三隣亡 さんりんぼう 節切:1月=亥、2月=寅、3月=午、4月=亥、5月=寅、6月=午、7月=亥、8月=寅、9月=午、10月=亥、11月=寅、12月=午
不成就日 ふじょうじゅび 月切(旧暦):
1月・7月:3日と11日と19日と27日
2月・8月:2日と10日と18日と26日
3月・9月:1日と9日と17日と25日
4月・10月:4日と12日と20日と28日
5月・11月:5日と13日と21日と29日
6月・12月:6日と14日と22日と30日
天赦日 てんしゃ 季節:立春以降の戊寅、立夏以降の甲午、立秋以降の戊申、立冬以降の甲子
一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 節切:1月=丑と午、2月=酉と寅、3月=子と卯、4月=卯と辰、5月=巳と午、6月=酉と午、7月=子と未、8月=卯と申、9月=酉と午、10月=酉と戌、11月=亥と子、12月=卯と子
戻る


お日柄、運勢一週間に戻る



トップページへ戻る

Copyright Manhou Takashima 2008 All Rights Reserved.
著作権は高島万鳳に所属します。