暦注とは全ての人に関わる、その日の吉凶です。
今日はお日柄がいい、悪いというのは正にコレから来ています。
有名な「大安」「仏滅」の他、数々の古い暦注の意味を記しておきました。
選日法へ


六曜

大安、仏滅と言えば誰でも聞いたことがあるでしょう。
最も有名な暦注。
大安 たいあん 大いに安し。万事に進んでよく、特に婚礼に吉。
赤口 しゃっこう 正午のみは吉、朝夕は凶。祝い事は特に忌む。
先勝 せんしょう 午前中は吉、午後は凶。万事急ぐのが良い日。
友引 ともびき 友を引く吉日。夕方は特に良いが葬儀は忌む。
先負 せんぷ 午後からは吉日。万事急がず待つ事に吉。
仏滅 ぶつめつ 何事も忌む凶日。開店は特に凶。この日に病めば長引く。
戻る

十二直
別名「中段」
たつ 建てるに良い日ゆえ万事始めるに良し。但し土を動かす、乗船、倉開きは凶。
のぞく 凶事を除くゆえ煤払いや廃棄、治療、祭祀に良い。ただし婚礼、外出には凶。
みつ 天帝の倉に宝が満ちるゆえ、建築、婚礼、万事に吉。但し土を動かし服薬に凶。
たいら 天帝が調停する日ゆえ万事に良し。中でも婚礼相談事に吉。但し種まきに凶。
さだん 何事も定めるのに良く、婚礼、建築、雇用、買物、祈祷に吉。訴訟、出向には凶。
とる 執り行うに良い日ゆえ建築、穴掘り、種まき、婚礼に吉。金銭の貸借は凶。
やぶる 打ち破ることに良いゆえ、出陣、狩猟、服薬、訴訟に吉。祝い事や契約は凶。
あやぶ 危うき日ゆえ何事も控えるべき。とくに高所に登ったり、旅行、乗船は凶。
なる 何事も成就する日ゆえ、建築、婚礼、入学、金談すべて良し。但し訴訟は凶
おさん 何事も収めるのに良い日ゆえ入学、婚礼、建築、買物に吉。葬儀、出向は凶。
ひらく 天帝の使者が難を開く日ゆえ学業、建築、婚礼、開店に吉。葬儀、不浄は凶
とづ 閉じ込める日ゆえ壁や墓を作る、金銭を納めるのに吉。それ以外普通は凶。
戻る

二十八宿

かく 着初め、裁縫、建築、結婚、酒造、旅行に吉。葬式は凶。
こう 結納、婚礼、裁縫、買物、種まきなどは吉。建築造作には凶。
てい 婚礼、移転、開店、種まきなどは吉。着初め、裁縫、造作は凶。
ぼう 髪切り、造作、裁縫、婚礼、旅行、移転、開店、祭祀に吉。
しん 祭祀、仏事、移転、旅行に吉。造作、結婚に凶。盗難に注意。
婚礼、移転、移転、開店、薬のみ始めに吉。着初め、裁縫に凶。
酒や醤油作り始め、動土、仕入れ集金に吉。結婚、葬式は凶。
土を動かす、裁縫、造作、開店に吉。他は積極的に用いず。
ぎゅう 鬼宿に次ぐ吉日。万事に用い大吉祥を得る。午の刻のみ注意。
じょ 髪すくなど以外はすべて大凶。特に結婚、訴訟、葬式を忌む。
きょ 着初め、学問始めに吉。造作、相談事などに用いると災いを招く。
壁塗り、出向、酒造りに吉。裁縫や高所に上る作業は凶。
しつ 祈願始め、結婚、祝い事、服薬、髪切り、乗船、造作などに吉。
へき 着初め、造作、開店などの新規事に吉。特に婚礼は子孫繁栄。
けい 園芸、文芸、裁縫、旅行、開店、井戸掘りなど万事に用いて吉。
ろう 婚礼、裁縫、造作に大吉。他に着初め、契約、移転、動土にも吉。
就職、開店、移転、建築に吉。衣類の裁縫などは大凶。
ぼう 神事、仏事、祈願、祝い事、開店、造作など大工仕事始めに吉。
ひつ 祭礼、祈願、土を動かす、土地取引や開発開拓の開始に吉。
入学、稽古始に吉。造作、衣類の着始め、特に婚礼には凶。
しん 旅行、取引の開始、納品仕入れ、縁談、祝い事、造作に吉。
せい 神仏祈願。種まき、動土、建築に吉。衣類の裁縫は大凶。
二十八宿中一番の良日で全てに大吉。鬼宿日の呼び名あり。※
りゅう 建築、造作、開店、裁縫に凶。特に葬式は不幸が重なる。
せい 馬乗り始め、入院はじめに吉。結婚、祝い事、葬儀には凶。
ちょう 店開き、出向、就職、見合い、婚礼、祝い事や祈願に吉。
よく 種まき、広告、出向に吉。高所での作業や入学、婚礼には凶。
しん 上棟、落成式、祈願、婚礼、祝い事、葬式に吉。衣類の裁縫は凶。
戻る

※二十七宿の鬼
大悪日。何事も事故多く、特に戸外での作業などを避けるべき。
戻る

下段

神よし かみよし 何事に用いても良い吉日。特に参拝、祈願、祖先を祭るなど神事に関することに良き日。
天おん てんおん 天からの恩を受ける日で婚礼その他の祝い事や吉事に用いて恩恵あり、●黒日以外の悪日を打ち消す。但し凶事に用いることは忌む。
大みゃう だいみょう 天地の道が明るく照らされる大吉日。婚礼など吉事全般に用い、中でも建築、移転、旅行などに大吉。他の凶日も打ち消す。
月とく つきとく 住居の建築、改築や土を動かすことにも良い吉日。
母倉 ぼそう 天からの母性の恵みに育まれる吉日。●日以外の悪日も打ち消す。特に婚礼に良く、建築、造作にも吉。
よろずよし 天赦日の別名。大吉日で他の凶日と重なっても忌むことの無い日となる。
百事よし ひゃくじよし 婚礼、祝い事、神事、建築、動土など全てに用いてよい吉日。
万よし まんよし 婚礼、祝い事、神事、建築、動土など全てに用いてよい吉日。
復日 ぶくび 吉事を行えば吉事が重なり、凶事を行えば凶事が重なるの意味。よって吉日ながら結婚や葬儀は忌む日となる
重日 じゅうび 吉事を行えば吉事が重なり、凶事を行えば凶事が重なるの意味。よって吉日ながら結婚や仏事、種まきは忌む日となる。
血忌 ちいみ 血を見ることを忌む日。針灸、漁や狩猟などをするのも凶とされる。
往亡 わうまう 往きて亡ぶ日であり、軍を進めたり遠出をすることを忌む。また移転や婚礼なども凶。
帰忌日 きこ 家人が家に戻るのを妨げられる日ゆえ、旅先からの帰家、遠出、婚礼も忌む日。
歳下食 さいげじき 天狗星という流星の精が食事のために下界に降りる。俵の口開け、種まき、草木を植えることを忌む日。
天火 てんか 天に火気が募り危険な日。棟上や建築作業、主に屋根をいじれば火災になるという悪日。
地火 ちか 大地に火気が募り、柱建てや土を動かすこと、種まき、葬儀などに凶意のある悪日。
五む日 ごむび 主に土を動かすことを忌む日。葬儀、種まき、旅行など凶。納音別で他の性なら忌むことなし。
くゑ日 くえび 陰陽二気の調和が崩れ万事に悪い影響を与えるので、吉事を避けるべきとされる日。
狼籍日 ろうじゃく 三悪日の一つ。万事に凶とされ、何事も失敗に終わるとされ、特に仏事を忌む。
滅門 めつもん 三悪日の一つ。万事に凶とされ一門に害が及ぶとされる。特に仏事を忌む。
大禍 大くわ 三悪日の一つ。万事凶だが、口舌、家の修理、船旅、特に葬儀、仏事を忌む。
十死日 十し ●黒日に次ぐ悪日で特に葬儀を出すと災いがあるとされる。他に婚礼も凶。
くろび 黒日。受死目ともいい、下段中最も悪い日とされ、葬儀以外は万事に大凶。
戻る

中段

八専 はっせん 天地の気が偏り、自然界人間界のあらゆることに影響を与えるとされる期間。柱立てや上棟以外は何事も凶とされる。但し間日に吉凶は無い。また八専次郎とは天気占いで、八専の二日目が晴れなら吉、雨なら長雨で農家には厄とされた。
十方ぐれ じゅっぽうくれ 天地の気が相剋し合い、自然界人間界のあらゆることに影響を与えるとされる期間。相談事などあらゆる事の運びに支障がおきるとされる。
天一天上 てんいちてんじょう 天一神とは巡る方角を犯すと祟りのある方位神。この期間中は天一神が天上にあり悪さをしない。代わりに日遊神が人家に降りるが、この神は不浄を嫌うとされる。
天一神 てんいちしん 天一神(中神)とはその巡る方角を犯すと祟りのある荒神。44日間を地上の各方位で過ごし16日間を天上で過ごす。平安時代の「方違え」は主にこの天一神の居る方位を避けるためのもの。
大つち おおつち 穴掘り、種まきなど土をいじる事一切を忌む期間。但し間日に当たる丁丑日は差し支えなし。
小つち こつち 穴掘り、種まきなど土をいじる事一切を忌む期間。但し間日に当たる丁丑日は差し支えなし。
三伏日 さんぷくにち 酷暑の時期にあたり、盛んな火気によって庚の日の金気が剋され負けてしまう事をいい、これを凶とする。種まき、旅行、男女の和合などを忌むとされる。
三隣亡 さんりんぼう この日に柱立て、上棟などの建築、造作をすれば三軒戸隣まで災いを及ぼすとされる建築業にとっての凶日。元々は三輪宝という吉日であり、他の事柄に差し障りはなし。
不成就日 ふじょうじゅび この日より始めたことは何事も成就しないとされ、事を起こすことを忌む日。特に結婚、開店開業、移転、学問始め、祈願始め、子供の命名などは凶。
天赦日 てんしゃ 天赦とは天のゆるしという意味であり、天が地を生じ万物を司る気の恩恵が得られる最上の吉日となる。よってこの日は他の暦注の大悪日に重なってもその凶を解く。
一粒万倍日 いちりゅうまんばいび たった一粒のモミが万倍ものもの実りをもたらすと言う意味の吉日。何事もこの日に開始すれば成功するとされ、種まきはもちろん開店、投資、広告にも吉。但し、貸すのは吉だが金銭の借り入れをした場合には逆効果にもなるのでこれを避けること
戻る


お日柄、運勢一週間に戻る



トップページへ戻る

Copyright Manhou Takashima 2008 All Rights Reserved.
著作権は高島万鳳に所属します。